さぬきのもん

さぬきうどん

讃岐うどん弘法大師が唐から伝えた、との説がありますが、実際は不明なことが多く、現在のような「切り麺」は室町時代に誕生したとの説が有力です。材料は小麦・塩・水といたってシンプル。

讃岐地方は、温暖で雨が少なく小麦の栽培に最適であり昔から上質の小麦が生産されたこと、古代より塩の産地であり製塩業が盛んだったこと、良質ないりこが多く取れたこと、小豆島のような有数の醤油の産地があったこと、まさにうどん作りに最適の地であり、古くからうどん作りが盛んに行われてきました。

その技術が代々受け継がれ、今なお人々に愛され続けています。(→詳しくはこちら

食べ物-うどん以外にもおいしいものたくさん( 一覧

産業…讃岐のものづくり( 一覧

さぬきの風景…行ってみたらこんなとこ( 一覧

あれやこれや( 一覧